子供達と一緒に防犯対策するには

この頃、ニュースで子供を襲う報道が多く、我が子の実の暗算の確保がしたいと思っている親御さんも多いのではないでしょうか。20歳未満の子供が被害に会う割合が高いのは、道路上や駐車場です。犯人は、だれにも怪しまれない場所や、周りから見えにくい場所を好み、犯行に及んでも目の届かない場所や、声の届かない場所を選びます。なので、普段から犯行に使いそうな場所や、もし犯人に遭遇した時の避難場所を探しておくといいでしょう。外出中はなかなか大人の目は届きにくいので、登下校や習い事で子供の帰りが遅いと不安ですよね。そんな時に頼りになるのが、防犯グッズです。最近の防犯対策として大きく2つあり、防犯ブザーとまもるっくです。CМで有名なホームセキュリティ会社のアルソックから出ており、もしもの時に出動もしてくれるので、親御さんが駆け付けられない時にも安心して任せられます。

子供の外出時に活躍する防犯グッズ

犯罪のリスクが最も多いといわれているのは、登下校の時や、習い事などの外出時に起こるものだとされています。毎日、親御さんが送り迎えをするのも難しく、なかなか目が届かない家庭が多いのが現状です。その時に、子供に持たきたい防犯グッズを紹介します。犯人と遭遇した時になかなか声が出せない場面が多いと思いますが、そんな時に持っておきたいのが防犯ブザーです。防犯ブザーと聞いて、少し頼りないと感じる方も多いと思いますが、防犯ブザー以外の役割をするものもあります。その中でも、ブザー〇〇という、夜道などの暗いところでも反射する反射板がついており、防犯タスキ代わりにもなり存在感をアピールできます。また、防犯ブザーでは頼りない方にはまもるっくというサービスもあります。まもるっくは、GPS機能や通話機能があり、常に子供の安全を自分の目で確かめることができます。また緊急時には、ガードマンが迅速に駆けつけてくれます。

留守番中の防犯対策グッズについて

犯罪のリスクが意外と多いのが、在宅時です。最近では、共働きの家庭も珍しくないので犯罪の件数も多くなってきています。そこで活躍するのがホームセキュリティです。ホームセキュリティは大きく分けて2種類あります。有名な警備会社を契約するプロタイプ、そして自分で防犯カメラなどを購入して、自分で設置する方法です。警備会社に依頼すると24時間365日警備をしてくれるので、子供の留守番中の安全はもちろん、家事や地震などの緊急時も、すぐガードマンが駆け付けてくれます。また、必要に応じて、110番通報や119番通報も行ってくれます。そして、一番大切なのは、子供自身が防犯の意識を高めることが大切でしょう。防犯教室も行っている警備会社もあるので参加してみるのもいいのではないのでしょうか。