子供向けのおすすめ防犯アイテムやサービス

子供が小学生に上がると行動範囲が広がり、一人で外出する機会も増すでしょう。親としては、心配です。学校の登下校、習い事や塾などの行き帰りに子どもを見守る最適な防犯グッズを紹介致します。子供が外出し、なかなか家に帰ってこない時、親なら子どもの居場所を確認したいと思った経験はあるのではないでしょうか。入学したての頃は無事学校まで行けているのか、一人で帰ってくることが出来るのかなど心配です。高学年になると、習い事や塾が増えて、その道中が気になります。そして、通学、通塾に慣れてくると今度は、寄り道や道草をしてなかなか帰って来ないこともあります。トラブルに巻き込まれていないかが心配です。万が一の時に緊急の対応が出来ればと考える親も多いことと思います。そんな時に役に立つのが防犯グッズです。

子どもの最新防犯グッズを参考にする

子供の防犯グッズも色々あります。1つ目は、防犯ブザー・アラームです。一番費用が安くて済みます。しかし、デメリットは、全てはその子供にかかっている点です。そもそも防犯ブザーを持っていることを忘れている子供も少なくないです。また、防犯ブザーが遊び道具になることもよくあります。実際、ブザーの音が聞こえても、いつもの遊んでいるやつだと近所の人が思ってしまったらアウトです。持っているだけでは何の意味も持たないので、大声を出すなどの併用が必要です。2つ目は子供向け携帯電話です。各携帯電話会社との契約で家族との連絡だけに制限されたGPS機能が付いた携帯電話です。費用は掛かりますが、親が直接コントロールできる範囲が広がるため、安心度も高くなります。子共に持たせている家庭も多いです。

家庭での子供とのルールを見直す

子供を守る防犯グッズも色々ありますが、キリがないのも事実です。防犯グッズとともに、子供が遊びに行くときなどのルールを見直すことも大切です。子供が被害にあう犯罪の多くは、子供が一人でいる時に起こっています。一人にならない状況を作り出すことが防犯の基本です。女の子だけではなく、男の子も被害にあうケースも多く見られますので、注意が必要です。近所の方との連携も大切です。近所の方と相談し、登下校を一緒にする友達を決めておくことが良いですし、遊びに行くときのルールも、学年が上がるにつれて見直しが必要です。低学年の内はなるべく細かくルールを決めておくと子供は迷いません。また、親も子供が良く遊ぶ友達や、遊び場所を把握しておくことが大切です。防犯グッズも子供の成長に合ったものを使用して下さい。便利なグッズがたくさんありますが、子供の成長に合わせて変えていけるとより高い防犯に繋がります。